« アニメ・バジリスク関連商品 | トップページ | 三国志大戦のアレ »

Y十M第十四話

agonisan
「柳生忍法帖」を初めて読んだときの漆戸虹七郎はなぜか
「サスケ」の「糸瓜狂之介(へちまきょうのすけ)」な
イメージだった管理人です……

↑こんな人。顔の倍くらいあるアゴが
チャームポイント。弟・斬死郎も
そっくりなアゴ。

だもんで未だ、せがわさんに指示を聞くとき
「この『アゴにいさん』だけど…」とか言うので
嫌がられてます(笑
アゴアゴ言うモンだからY十Mの虹七郎もこれから
アゴが伸びてくるかもしれません。
というか気持ち伸びているような……是非コミックスで確認してみてください。

*****************
今回の「Y十M」は訓練の続きです。
水から上がった堀女たちのボディラインが気になります。
さりげに胸が大きいお品さんとか…で今回はそのコマを
トップに選んでみました。

次回も訓練ですがちょっとしたハプニングが…

*************
連絡事項です。

■Y十M〜柳生忍法帖〜第一巻、第二巻
ym12

11/4
1,2巻同時発売
Y十M〜柳生忍法帖〜第一巻

Y十M〜柳生忍法帖〜第二巻

■バジリスク〜甲賀忍法帖〜音絵巻・第三章
anibajicd3

バジリスク音絵巻〜第三章
11/2発売です。
最終回のラストシーンの音楽が何度聞いても泣けます。

オマケドラマも健在です。

「黎明燦々」
例のお見合いの後、弦之介と朧の
初デートの日、どちらも落ち着かない伊賀甲賀のメンツ。
こっそり待ち合わせの場所に向かいますが…

さらにミニドラマ、まさかのこのお方が主役になろうとは
「柳生宗矩・宇宙の旅」
説明するのも野暮な感じです。とにかく必聴です(笑
なんと弦之介の瞳術VS朧の破幻の瞳の結果が明らかに!

|

« アニメ・バジリスク関連商品 | トップページ | 三国志大戦のアレ »

「■■更新日記■■」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。